さてさて。

前回までのお話で、ガラケー(FOMA)の契約を維持したままキャリアメール(〜@docomo.ne.jp)のメールアドレスを iモードから spモードに切り替えることはできました。

で今回は、SIMフリーのスマホで spモードメールからドコモメールに切り替えようとして、あえなく ”失敗した” というお話になります。

 

2.  spモードメール → ドコモメールへ(失敗)

最初にお断りしなくてはならんのですが、この時点では「FLEAZ F4s」は発売されておりません。
だもんで、僕は手持ちのソニーエリクソンの「S51SE」という機種をつかって以下の作業をしました。

この「S51SE」、まだEMobileが健在で「Pocket WiFi」のサービスを提供していた頃の端末です。
(最終的にはroot化してAndroid 4.0(ICS)に書き換えて使用していたので、厳密には「S51SE」ではなく「ST15i相当」ということになりますけども)

でこの時点ではEMobileの契約も切れて ”空っぽ” の状態になっておりました。

 

2014年9月末

まず、手持ちの「S51SE」で spモードからドコモメールへの切り替えを試してみることにしました。

ただ正直なところあまり期待はしておらず「できたらラッキー」ぐらいの感じでした。

なんでそう弱気だったかというと、

  • 「ドコモで扱っていないスマホでもドコモメールへの切り替えができた」
  • 「やっぱり ”ドコモ印” のスマホ(しかもFOMA対応)からでないとドコモメールへの切り替えはできない」

など、インターネットで見つけた情報には相反するものもあり、その時点では ”成功の条件” を特定し切れずにいたからなんです。

ドコモの仕様がかわったとか「時期的な問題」があるのかな。わかんないや。

あと僕自身の ”モチベーション” がいちばん大きな要因だったかも。

自分の ”スキル” や ”熱意” なんかを考えあわせると、結局のところ、いちばん無難な線(ドコモ印のFOMAスマホを入手すること)を攻めたほうが近道なんじゃなかろうかと思って。

幸いドコモユーザーの友人がたくさんいたしね。
最終的にはその友人たちから ”ドコモ印” のスマホを都合してもらったらうまくいくだろうと、そう考えていたんです。

でまぁ案の定失敗したわけですが。

 

どこで失敗したかというと

ずばり「docomo IDでドコモメールを利用」の「利用する」を選択する部分です。
(「 マルチデバイスでのご利用方法」)

ドコモのSIMを差していたのですが「この操作はドコモの端末からのみ行うことができます」のようなメッセージが出てしまい、先に進むことができませんでした。

端末の再起動/データ通信のオンオフ/機内モードのオンオフなど試してみたのですが、どうもダメなようでした。

でパケット代が上昇するのを恐れて、そうそうに断念した次第です。

 

失敗したけど、ひとつだけ役立つトピックを...

この失敗にたどり着くまでには、

  1. dメニューをインストール
  2. ドコモメールアプリをインストール

という操作を行っていますが、それぞれのアプリの入手方法には

  1. Google Playから入手。WiFi経由でのダウンロードが可能
  2. 【dメニュー】→【サービス一覧】→【ドコモメール】から入手。
    WiFi経由でのダウンロードも可能だが、そのためにはdメニュー内で「WiFi利用の同意」「パスワードの設定」を行う必要がある。

という差異がありました。

そのなかで、僕は[2.]の作業が嫌でした。
個人的には「docomo IDでドコモメールを利用」のスイッチをオンにできれば十分なので、そんな1回こっきりの作業のために間違えたら3Gでアプリをダウンロードしてしまうような危険は冒したくなかったのです(きちんと手順を踏めばWiFi経由でドコモメールアプリを入手できるのでしょうが…)。

だってパケット代の節約がゴールなのに、アプリのダウンロードにパケット代をつかってしまったら馬鹿らしいじゃないですか。

で、抜け道はないかと探してみたところ、dメニュー以外からもドコモメールアプリを入手する方法がありました。
僕はこちらからドコモメールアプリをいただいてまいりました(もちろんWiFi経由で)。

最新版というわけにはいきませんが、今回の目的で利用するぶんにはとくに不都合はないはずです。
(後日、ドコモ印のスマホから今回とおなじ作業をすることとなりますが、問題なく使用できました)

この方法だとパケット代をかけずに必要なアプリが揃いますので、心配性な方にお奨めします。
(というか、この方法ならdメニューもいらないね)